This is official site of Black Water Dive® produced by photographer Ryo Minemizu. Black Water Dive® is a kind of night diving. We are setting up underwater lights of high-color rendering on the sea bottom of night that while considering tides, times, places. The creature which appears is mainly juveniles and larvae. All is fascinating, and it's not to be seen at daytime or regular night diving. It will be your first experience. This site will introduce the state of the event and the creatures seen and also future of BWD schedules. *"BWD"stands for Black Water Dive®.*Black Water Dive® is a registered trademark of Ryo Minemizu.
ラベル オビスジホタルイカ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オビスジホタルイカ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015年9月21日月曜日

2015 BWD Vol.4 久米島に向けて ダイブエスティバンでの事前調査 Vol.2-3 オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912


生態写真の記録は今回の久米島事前調査が初と思われる。オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912


久米島でのBWD中に見られたイカ類の中では優占種で、個体数は一晩で20-30個体ほど。大きさは外套長50-60mmほど(全長は90-100mmほど)。外套腹面に、同定に役立つ発光器列が4列ある。太平洋での主な分布は東シナ海とされている。

オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912
腹側の発光器は青色に輝いている


オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912
外套腹面に4列の発光器列が並ぶ


オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912

眼球発光器は両端に大型不透明の発光器があり、その間に3 個の小発光器がならび、その間にさらに1~3個の小型の発光器がある


オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912

触腕掌部に7-8個の大きな鉤がある


オビスジホタルイカ Abralia (Abralia) steindachneri Weindl, 1912

腕に沿って並ぶ発光器には、規則的に大発光器が分け入る